選ぶポイント

dentist

新しい歯科に行くときは

歯科医院などは、昔からかかっていたり、かかりつけの医院があるとなかなか違う医院に行こうとはなりません。 歯科だけで無くても初めてとなると緊張するものです。 その様な状況でも新しい歯科に行くとしたら、何を決め手に決めるでしょうか。 まずは金額、医院の雰囲気など直接行かなくては確かめられない様なポイントは置いておきましょう。 そして、友人や家族に聞き込みをしましょう。 実際に医院にかかっている人がいれば一番良いのですが、いない場合はかかっていた医院の情報でも有力でしょう。 知人の口コミやインターネットで情報を得た上で検討してみると、そんなに失敗はしないで済むでしょう。

痛い、怖いイメージの原因

私は実際に歯科医院関係の仕事をしています。 歯科は比較的年齢層も幅広く、小さな子供から、お年寄りまで来院します。 年齢は違っても、皆思っている事は同じです。 それは、歯医者は痛い、怖いという事です。 小さい子供はもちろん、大人でもそういったイメージを持たれている患者さんは多いです。 その為、大した痛みでも無いからと虫歯を放置してしまう人が大半なのが現実です。 痛みがひどくなってから慌てて来る人も見受けられます。 歯医者が痛い、怖いというイメージになるのは、虫歯を極限まで放って置いていることに原因があるのです。 痛みが出てくる程の虫歯になれば、大抵深く神経近くまで進んでいるでしょう。 そこまでなってしまうと治療も痛くなってしまうのです。 ですから、痛みが無くても、少しでも異変を感じた時点で歯科を受診しましょう。 早めに行けば何の痛みもなく治せるのです。 痛い、怖い思いをする前に、しっかり治療出来ることが理想です。