抜けた治療

dentist

歯を失った場合の治療の選択肢

歯が抜けた時の治療は、入れ歯などがあります。代わりに噛み合わせに違和感を感じたり、見た目が美しくないなどの問題点もあります。2つ目はブリッジという方法で、失った部分の両隣の歯を削り、それを土台として連結した人工歯をかぶせる方法です。入れ歯に比べて噛み合わせに違和感を感じない代わりに、健康な歯を削る施術のため、将来的にその歯も失う可能性があります。最後にインプラントという方法です。歯を失った箇所に人工歯根を埋め込み、その上に人工歯をはめる技法です。骨に固定する方法のため、しっかりと噛む事ができ、見た目にも天然歯と遜色ありません。代わりに手術を行う必要があります。どの対処法にするべきか、歯科医師とよく相談する事が大切です。

インプラントという対処法

インプラントは、ここ近年において第2の永久歯として注目されている歯の治療法です。あごの骨に穴をあけ、そこにインプラントを埋め込み、そのインプラントに人工歯を装着する方法がインプラントの治療法になります。その対処法から、外科手術が不可欠となります。手術ですので身体に全く問題が生じないというわけではありません。ですがインプラント治療は、そうしてしっかりとあごに固定するため、噛む力が弱まる心配がないため、あごの骨が痩せてしまう事がありません。また、周囲の健康な歯に部品を固定したり、削ったりしませんので、残った歯に悪影響を及ぼす心配もありません。歯の治療は食に大きく影響します。自身の口内環境に合わせて、より良い治療法を選択する事が、快適な日常生活につながります。